04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2015.10.16 (Fri)

【PSO2】喜劇の定義は誰が知る【小話+語り】

PSO2EP3-7ストクエネタバレです。
あさぴん、暴れてます。

前半小話後半語り。

【More】





























「ねえ、ルクスくん。アタシ、これで、よかったのかしら」

シャルが呟く。

「……仮面が深遠なる闇になった結果が、か?」
「うん……仮面とシオンさん、本当にいなくなっちゃった。マトイちゃんも、悲しんでた。
これが本当によかったのかなって、アタシ、わからなくなってきたわ」

確かに深遠なる闇の因子はマトイではなく仮面に……時を渡り続けてきたもう一人のシャルに移った。
その結果、世界に深遠なる闇が残り、仮面は消えてしまった。
でも、マトイとシャルは生き残っている。

「これで、よかったことにしよう」
「でも」
「マトイを殺していれば深遠なる闇の復活は本当に防げた。それは確かに最適解かもしれない。でもお前はそれを拒んだんだろ」
「……だって、アタシは誰かを殺すのはもう嫌だった」

シャルがもしマトイを殺していれば、シャルはそれを後悔してしまう。
その結果があいつ……仮面なんだ。あいつは、マトイを救おうとして、それでも殺すしか道が見つからなくて、それでも何度もやり直して。
この時間軸の……いまオレの目の前にいるシャルも、そうなるかもしれなかった。オレには時間遡行の感覚というのはわからないけれど、希望の見えない道を歩き続けるなんて、きっとつらく苦しいだろう。そしてそこから解放されることはない。後悔はいつまでたっても消えず、こいつは……

あいつが望んでいたのは、マトイを救うことと、自身の終わりだった。そう思いたい。
……っていうか、そう考えていそうだ。だってあいつも、このバカオカマだろ。

「……殺すことが救いになることもある。あいつを犠牲にしたって思うな。あいつを救ったって思え」
「……よくわかんないわ、ルクスくん……本当に、本当に、助けられなかったのかな……」
「……お前らバカだよな本当。全部は救えないんだよ、きっと。
今はさ、残ったものを大事にしよう。それをあいつも望んでるだろ?」
「……うん」

この結末は、喜劇なんだろうか。悲劇なんだろうか。
神様はどちらを望んでいたんだろうか。
ちっぽけなオレにはわからない。

でも、せめて、今は。
悲しむよりは、前を向いていたい。

……約束したんだろ。






EP3-7終わったわけですが、ハッピーエンドなわけですが、
あの、今の小話のシャルみたいに全員幸せに戻ってくるエンディングはないのかと思っている私がいます……
いえ、仮面さんにとってはマトイちゃんを助けて、自分の無限ループが終わることはいいことなんだと思いますが、にしたって身勝手すぎるわこのやろうシャルだと思うとなんか怒り湧いてくる気もするんだけど?



3-7は本当に熱い流れでした。
最初仮面さんに呼び出しされたとき本当びっくりした。
ただひとつ失敗があったとすれば嬉々としてシャルが新衣装を着ていたことでせうか……いや、着替えていったよ。こんな衣装で行ったら仮面さんげきおこだろ。話始まる前に5回床舐め必至だわ。


してもしきれない後悔。
ただ、最初のルートは本当に絶望しかなかった。
仮面さんが絶望したシャルのなれの果てで、シャルは結局マトイちゃんを羽交い絞めにした仮面ごとマトイちゃんを剣で刺して。
それをシャルは結局後悔する。
そしてシャル自身仮面に変異して、無限ループにとらわれることになってしまう。
こんなのってないわとマウスをPCにぶん投げるくらいにひどい結末でした。
……シャルの表情にまじ泣きしたのは内緒です。

その結末をそのシャルが知ってるか知らないか、次のルートのシャルはマトイを殺そうという仮面の誘いを断ります。あとキレられたのでぶん殴ります。
ひとりでどうすることもできなかった仮面さんに、今この場には二人いる、力を合わせようというシャル。
仮面さんはその覚悟に答え、マトイを救う、と決意。
こいつらねっこは一緒だわ。

そしてシャオくんの協力を得て、アークス総動員でナベリウスへ。
シャルはアークスたちの支援を受けつつマトイちゃんの元へ走る走る。
ゼノさんの出番が少なかったのに不満なんかない。一瞬でも出てくれればいい。

マトイちゃんを止めるも、殺すという後悔しか生まない選択はしない。
そのシャルの選択にマトイちゃんは優しすぎるよ、残酷だよ、と泣き、十年前と同じく自害を試みます。
だけど、二人のシャルがそれを阻止。
アンガの攻撃をシャルがエンドアトラクト発動時ばりの浮遊しながら受け止め、
そして仮面はクラリッサを使いシオンの力を借り、マトイちゃんの因子を受け止めます。
アークスが受け止めるより、ダークファルスの自分が受け止めたほうがいいだろう、と。あーただってもとはアークスだろーがばかちん!!

残るものと去るもの(システム的に仮面さんポニテになってるけど短髪シャルで脳内補完しよう……)
深遠なる闇を受け止め、シオンと仮面は去っていこうとする。
マトイちゃんはそれを悲しむけれど、仮面はかつてした約束をマトイちゃんに話す。
『泣くな、笑え』。最初のルートで、マトイちゃんがシャルに投げかけた言葉でした。

誰だこのイケメン!
……どうでもいいけどこの仮面さんイケメン過ぎて元オカマとは思えません 思えません……
同じポニテなのに何でだよ……リボンがないだけなのに女子力が見えない……

深遠なる闇になった仮面は、名残惜しそうにマトイちゃんから離れ立ち去っていく。
いつか戦うことになるかもしれないけれど、犠牲になってしまったけれど、それでもシャルとマトイちゃんは前を向いて戦うしかないのかもしれません。

泣いていいっていうまで、笑おう。


深遠なる闇を顕現させないという意味では一番最初のルートが正解なのかもしれないけれど、
それだとシャルが後悔し、無限ループになってしまう。
犠牲はやはりあるけれど、そういう意味ではこれが最適解なのかもしれません。
代わりに全力で迎え撃ってあげましょう。本当に終わりにしてあげたい。





































ただな。




「レンジャー舐めないでよね、射撃なら負けないわよ!」
私なEP2-6でガンスラ握るシャルにめっちゃ萌えたから今回もガンスラでシャルが戦ってくれると思ったんだよ

結果なんだおい。
シャルが握ったの、そこら辺に落ちてたコートエッジやん。戦闘終了後だったし。(あとやり直しルートでは普通のソードでしたね戦闘終了後だったけど)
それがコートエッジDになったのはわかるんだけど、あの。

クラフト実績たまったと思えば…
私の期待とこの努力(クラフト)に費やしたメセタ返して!!!!!!
写真だとLv11だけど最終的にLv12まで上げた+特殊能力つけたんで
410,000メセタ+αです!!!



まあその、なんだ。
本編のシャルよりずっとつらい目に遭ってきたシャルである仮面さん。
これが仮面さんにとって一番救いのある、幸せな結末だって言えるといいな。
次の新緊急に期待です。
そして新生、EP4にも。シャルはいなくなった人たちの分までいっぱい生きるよ。死んだら仮面さんにめちゃくちゃ怒られそうだしな!


もしも、もしもの時間軸
こうやってみんなでほのぼのしてる時間軸があればいいなあ。




















【お知らせ】
衝動がやばすぎてEP3-7のストーリー沿い小説超描いてます。
ルクスが話にからんできているなど実際のストーリーからだいぶ改変はされていますが……。
もしできたら公開するかもです。
21:12  |  オタク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/988-6a693552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。