05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2009.11.28 (Sat)

DQ9日記~セントシュタイン連続クエスト!~

「連鎖クエスト行きまーーーーす!!」

「連鎖クエストぉ?」(佐助)

「……連続して起こる繋がったストーリークエストのことらしいぞ」(元就)

「もっとも、このパーティでしか通じないけどね……」(ピット)


チェインクエストといってもいい。
さぁ、セントシュタインでクエスト解決だ!

【More】





セントシュタイン王からの依頼。
それは、悪夢に悩まされているとのことだった。


【クエストNo.127 王の見る夢】


「悪夢の中で、黒い大きな人影のようなものが現れて、こうささやくのじゃ。
帝国の支配から逃れたくばわが力を求めよ……とな」

「帝国?」

「帝国の支配などといわれても、わしはさっぱりじゃ。
先ほど挨拶に来たたびの商人に聞いたのだが、ナザムという村に夢に詳しいものがいるそうじゃ」


まあとにかく、王様の悪夢を何とかしましょうか!


「にしても、帝国ってガナンのことでござろうか?」(幸村)

「ん~……どうだろう」

「帝国なら、俺たちがぶっ潰したもんなぁ。ありえないと思うが」(政宗)

「また復活とかではないだろうな……我はもうあれと戦わんぞ」(元就)

「あたしもだ」


とりあえずナザムにいく。
教会に行くと、見慣れない女性がいた。
どうやらこの人が夢に詳しいという夢占い師のドリマ、らしい。

夢を見ないようにする方法を、尋ねてみる。
どうやらそれには怨みの宝珠とどくどくヘドロ、賢者の聖水が必要らしい。
ちょうど持っていたのでそれを渡した。ドリマはそれを使って「ドリマイザー」なるものを作ってくれた。


「寝るときに、小瓶のふたを開けたまま枕元においてみて。そしたら悪夢なんかどっかへとんでっちゃうから!」

「なるほど……飲み薬違うんだ」

「あっ、ドリマイザーは間違っても飲んじゃだめよ。死ぬから」


……(ちらり、と政宗を見て)


「な、何で俺を見るんだ? もしかして今の俺輝いてるか?」

「そういう視線じゃないと思うぞ」


とりあえず、王様にドリマイザーを渡す。
飲もうとしてたのであたしたちはそれを止める。小瓶のふたを開ける、と説明したらホントにあけた。
なんともいえない強烈な臭いがあたりにたちこめたっ!!



「たっ、確かに悪魔であろうと鬼であろうと逃げ出しそうな気がするが……
と、とにかくご苦労じゃったな麻美。褒美を受け取るがよい」


神官のグローブと神官のブーツをゲット! 早速元就にあげる。
これでクエスト終了……ってわけで、次に行きましょうか……


【クエストNo.129 書物の鍵を探せ】


今度はフィオーネ姫からの依頼!
どこかの王家の者の手記を返してもらったらしいが、鍵がかかっていて読めないらしい。
あたしたちはそれをお手伝いすることになった。
とりあえず、返しに来たという使用人を探すことにした。

フィオーネ姫の話したとおり、使用人は城下町の道具屋にいた。
しかし彼も鍵を持っていないらしい。ただ、鍵を「気高き」とつく宝の地図の洞窟に落としてきたようだ。

気高き。


「一番Lv低いの、41……」

「「「高っ!!」」」


「い、いいじゃん。このくらいなら。次、51まで跳ね上がるよ……」


天の箱舟も使い探す探す。
ナザムの北にあったのでもぐる。

ボスを見て帰還。




「で、出来るかな……?」

「ま、まーやってみようぜ。チャレンジだチャレンジ」




えー、解説。イデアラゴン。
テンションを上げて呪文を唱えてくる敵ですが、あたしと政宗は魔結界でその当たりの防御は完璧だし、元就も幸ちゃんも幻魔装備があるので結構ダメージ減ができる。
あげてくるテンションの方は……


「お館さまぁ!!」

「おぉ館さまぁ!!」

「お館さばぁぁぁ!!」



(セリフはつきませんが)こんなノリで幸村の風林火山がさえるさえる。
そーいえば風林火山には敵のテンションを下げる効果がありました。さらに最初に行動できるので、最強。
幸ちゃんかっこいい!!

で、そこに「政宗オンステージ!!」(※ノリノリ)とか「ギガブレイク!!」とか加わってがんがんダメージを与えちゃいます。
MP切れた政宗がドラゴン斬りしたときは何を血迷ったかと思ったけどね。効果あるんだね。


というわけで小さな鍵を拾い、フィオーネ姫に渡しにいく。
フィオーネ姫は自分の部屋にいた。


「本の鍵、見つかったわよ」

「ありがとうございます! ですが私、お礼に麻美様にあげられるようなものが何も……
そうですわ! 麻美様にはこのセントシュタイン王家に伝わる王家の挨拶をお教えしましょう」


あたしはフィオーネ姫から王家の挨拶を教えてもらった。
ドレスのすそをあげるみたいな動きだ(わかりにくい)


「では、次はいよいよこの鍵を試してみますわね」


フィオーネ姫は鍵を開け、本を開く。
内容を読んでいくフィオーネ姫。
何が書かれてるんだろう、と思っていると……フィオーネ姫がいきなり倒れてしまった。


「フィオーネ姫っ!?」

「い、一体何が起こったのでござるか!?」


あとからメイドがやってきてその場は多分何とかなった。
……と言うか、強制的に帰された。
まぁ、とりあえずクリアーだし……


「何が書いてあったんだ? あの書物には」

「知らないわよー。けど、何かあるわね……」




☆おまけ☆


「神の息吹!!」(幸村)


ごぉぉぉぉぉ……


「……………………お館様……?」

「に、見えるな」(佐助)


幸村が神の息吹を使うとあれがお館様にしか見えない件。フィルターかかってるともいう。
効果はあんまないけどね!
17:29  |  ドラクエ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/682-aaf9fb47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。