10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2009.09.18 (Fri)

DQ9どうでもいい細かい脳内設定

作っちゃった。


と、いうわけで私の中のDQパーティの脳内設定。
過去話設定とか。どうでもいい設定とか、どうでもいい設定とか。
このキャラもいるぜとかなんたらかんたら。

もしかしたら小説に組み込むかもしれません……
こういう設定作るのがすきなんです^q^


ってわけで、笑ってください、どうぞ!

【More】





・麻美が守護天使になる前の話。
・キャラと元ネタの関連性はあんまりない。多分。


佐助
カラコタ橋に住む盗賊。サンマロウで幸村と出会う。
最初は幸村のことを煙たがっていたが、自由を望む幸村に共感し旅を始める。
幸村の兄の信之には最初嫌われていたが、旅を始めてから認められて幸村の面倒をみることになる。
旅を続けていても、幸村とはいまだに意見の食い違いが多い。
爪使いだが、素手にも秀でているのはこのころから。身軽ですばやいのは自慢だった。
両親の顔を知らずに生きていることと、カラコタ橋の状況があれなことで天使の存在を信じていない。
「天使なんて、信じてんの?」 「やれやれ、なんて変わり身の早さだ」


幸村
サンマロウの箱入り息子。それなりにいいところのお坊ちゃまらしい。
世間知らずだが、外の世界を見てみたいという欲が大きかった。何にも束縛されない佐助を見て、旅に出ることを決意する。
家が武門に秀でていたこともあって、槍の扱いは一流。
ダーマ神殿で戦士に転職するまでは内気な性格だった。その性格とピュアさのおかげか、わずかに天使を見ることもできたらしい。
兄の信之は超☆ブラコン。弟の幸村を溺愛していた。
天使の存在を信じていて、会うことが出来たら世界を守っているお礼を言いたいと思っている。
「俺に世界を見せてくれ、佐助」 「こ、子ども扱いしないで下され!」


政宗
ナザム村出身。世界をめぐる旅人。強い竜を狩る「ドラゴンキラー」を目指している。(故に佐助から「竜の旦那」と呼ばれる)
ナザムのよそ者嫌いの風習になじめず、親が政宗を捨て村を出て行ったこともあり村を飛び出す。
幸村と船を貸すかを駆けた勝負をし、幸村の力を見出しそれ以降旅に同行する。
ドラゴンキラーを目指す理由は、付き人であった小十郎がナザムに伝わる竜の話をしてくれたから。
大地震の謎を明かすため一度幸村たちと別れる。その後セントシュタインで麻美と出会い、幸村たちと再会する。
天使の存在は、旅をはじめるまで知らなかった。平和=天使の存在と考えている。
「目指すはdragon killer……アンタはその一歩だ」 「世間知らずの冒険者って、アリなのか?」




麻美
守護天使の任につく前の麻美はまだ下っ端。イザヤールの弟子として働くだけだった。
とはいえこのころからハイテンション&萌えセンサー発動。異端の存在サマエルに萌えていた。
ラフェットとはそれなりに仲がよく、たまに妙な話をしてはイザヤールをびびらせていた。
ピットとサマエルは無二の親友といっても過言ではなかった。とはいえ、サマエルと関わったのはイザヤールから注意された。
「ラフェットさん、そのデータはなんでしょうか?」 「いや、別に恋愛発展してもいいんだよ? あたしうれしいしっ☆」


ピット
麻美よりも下級の天使だが、闇の天使であるサマエルを見張るという命を受けていた。
ラフェットの弟子。地上を夢見ているが、人間に対して恐怖も抱いていた。
エルギオスをとても尊敬していて、自分もそのような天使になれればいいと思っている。
明るい性格は、サマエルの心をも変えていく。
「僕、ピットって言うんだ。闇の力を持った天使なんて面白いね」 「エルギオス様、すごいよね……」


イザヤール
麻美の師匠で、かのエルギオスの弟子。なんだかんだで世話焼きで心配性。
麻美が「おしゃれしたい」とぼやいていたのを聞きラフェットに相談したこともあった。
ラフェットとはよく口論をしたりする。二人は幼馴染らしい。
サマエルを警戒している。麻美には近寄らないよう言っているが、麻美はそれを聞き入れない。
「わがままを言うな、麻美」 「……あいつの考えてることがわからん」


ラフェット
ピットの師匠で、イザヤールの幼馴染。よく麻美と話をしている。
麻美とは仲がよく、イザヤールに対してどう接すればいいのか教えてあげたりしてイザヤールに怒られている。
下界には降りない、知識専門の天使。本を読むのが趣味。
謎の存在であるサマエルを気にしている。
「イザヤールはすぐくよくよしちゃうからね」 「彼、本当に天使なのかしら?」




元就
エラフィタ村出身の、各地を回るさすらいの僧侶。
各地を回り見聞を広め、自分の知識を広げようとしていたらしい。
宝を求める旅人元親とは知り合い。しかし元就は元親のことを嫌っていた。しつこいから。
麻美にこの話をするたび誤解されるけど別にああいう関係ではない。
「貴様……しつこいぞ」 「ならば引き換えに我を貴様の船に乗せ別の大陸へ連れて行け」
05:46  |  ドラクエ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/592-83b7b452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。