05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2009.07.21 (Tue)

DQ9日記~謎の黒騎士と王国~

ぶっちゃけ、このあたりのシナリオ。

幸村にとってはすごーく立派な


「破廉恥でござるぅぅぅぅぁ!!」


ポイントな気がしてたまらない。
けど攻撃力高いしコンボ最後決めたいし来てよね幸村!!


続きで本編、最後にコメント返信。
画像もあるよ!

【More】





「黒騎士退治……シュタイン湖かぁ」

「この町の人みんな黒騎士に困ってるっぽくね? 人助けのチャンスだって!」

「うん、そうだね。これもそれも天使界に行くため、がんばるわよー!!」

「あ、麻美ー。何話してるんでござるかー?」

「俺らには見えちゃいけないものと話してるんじゃ……!?」


心配されてますが大丈夫です麻美です。

あたしらの今度の頼まれごとは、黒騎士退治。
黒騎士はどうやらお姫様を狙ってるらしく、シュタイン湖に姫を連れてこいとまで言い出した。
そこで、あたしら自由な旅人が向かい黒騎士を退治する、と。

人助けすれば星のオーラゲット。しかもこれこの国みんなの困りごと。
一気に感謝されるわけよ!!


「いざゆかんシュタイン湖!」

「貴様、正気か!?」

「黙ってねナリ! あたしは正気よ、夢のためだもの」


そういうわけで敵を倒しながらシュタイン湖に向かう。
シュタイン湖にたどり着くが、ただ静かな湖があるだけだった。


「誰もいなくね?」

「いや、も少し待ってみよう」

「ほんとに誰と……」


そのまま草原に座り込み、待つ。
いつの間にか空には月が浮かんでいた。


「女子の約束ブッチするとかマジありえないんですけど~」

「ま、まぁ来ないんなら別にあきらめたんだということで……ブッチ?」

「もう帰っていくない? ……なんて振り返ればやつがいるみたいな!?」

「いやいやいや……」


と、そこで振動。


「!?」(寝てたナリ)

「な、なんでござるかっ!?」(寝てた幸)


「あ、他のメンバー起きた!;」


いきなり、目の前に馬に乗った騎士が現れる。
その名のとおり、黒い鎧を身にまとっている。


「誰だ、貴様……? 貴様に用はない、姫君を出せ! 我が麗しの姫を!!」


いきなり攻撃してくる黒騎士。
そのとき、兜の奥の顔が見えた。皮膚なんてない、骸骨だった。目が赤く光っている。


「ぜ、全員バッチリがんばれで戦闘よ!!」

「承知!!」 「ふん」 「御意っ!」


戦闘は省略!
しかしそれなりに楽勝に倒せた。


「よし、勝った!」

「な、何ゆえ……姫君は貴様のようなものを私のもとへつかわした。
メリア姫は、あの時交わした約束を忘れたのか……!」

「ねぇ麻美、この騎士キモくない? メリアって誰?」
あのお姫様の名前はフィオーネ、だったはずですけど」

「それはまことか!?」

「ってサンディ見えんの!?」


わー、驚いた。サンディもびっくりして引っ込んだ。


「教えてくれ、あの城にいたのはメリア姫ではないのか?」

「うん、ちがう」

「いやほんと何の話……」(佐助)


あたしの答えを聞いた黒騎士はショックを受けたようだ。
どうやらこの黒騎士は昔何かに封印され、地震の時に復活したらしい。そのときに記憶はほとんどなくしていたようだ。
で、あの姫を見て自分の名が「レオコーン」であること、メリアという名のルディアノ王国のお姫様のことを思い出したらしい。
どうやら婚礼を控えてたらしい。


「じゃ何? この黒騎士はフィオーネ姫と元カノを間違えちゃったわけ? どんだけ似てたのよ」

「……いずれにせよ私は過ちを正すため、あの城に行かねばなるまいな」

「それはだめ! あんた、いわゆるお尋ね者よ」

「それもそうだな……ではそなたらのほうから伝えてくれ、もう城には近づかないと。
私はルディアノを探すとしよう」


黒騎士、もといレオコーンはそういうと去っていった。


「じゃ、あたしたちも報告しに行きますか」

「ねぇホント麻美ちゃんいつもなんかと話してない? いつも第3の存在出てきてない?」

「知らん」

「とにかく、帰るでござるよ~~」


あたしたちも、シュタイン湖から去る。


あたしたちは城に戻り王様に報告するが、王様は信じようとはしなかった。
そういうわけでご褒美はお預け(泣)

ぐでぐでと出て行くと、フィオーネ姫に呼び止められた。
話したいことがあるので部屋に来てほしいといわれた。
あたしたちは言われたとおりその場所に行く。


「フィオーネ姫」

「あ、麻美様。およびたてして申し訳ありません。この話を聞かれるとまた父に反対されるので……」

「どういう話なんだ?」(佐助)

「実は、ルディアノ王国のことを耳にしたことがあるのです。
ばあやが教えてくれたわらべ歌にルディアノという国の名前が出てきたのです。おそらく、それが鍵になるかと……
ばあやは今エラフィタの村にいます。……麻美様、どうかあの騎士のお力になってあげてください」

「もちろんです!」

「……なんか黒騎士を助ける方向になってる気がするが」(ナリ)

「だまらっしゃい」


そういうわけでエラフィタの村に向かうあたし達。
わらべ歌によると、北に行けばどうのこうのと聞いた。

レオコーンが情報を集めようとしたのかこの村に来たが、あいつが人里に来ると危険だ。
(見た目がアレだからねぇ)

とにかく、レオコーンは先に北へ、あたし達もそれを追ったのだった。


「北って何があるかなー、ナリ?」

「……森がある」


……よしオーケー、いざゆかん!!







メンバー画像、BASARA編。
(この日記のだいぶあとです)

いやもーどうしようもなryゆき。
ホント似ないね☆さすけ。
似ないね☆ナリ。
もうあきらめた政宗と言い張る。


すいませんでした。




コメント返信


ラグさん
「だって、旅芸人て器用貧乏ーーーー!!」(By麻美) ……らしいです。
元就は後衛でもどんどん前に出てくるのよね。そしてガスガスと敵を倒す。
ちなみにその辺りの話は実話。MPとられたこともね! 遠まわしなマホアゲル(笑)
ネタバレはこちらで容赦なくやっていくよ~~っ。
19:57  |  ドラクエ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お久しぶりです、あさぴんさん。 
小説見れなくて内容がつかめないふみです。
いつの間にかブログが、たくさん更新されてて慌てました。
すいません、見てないってことですね・・・
相変わらずコメント少ないけどブログも小説も見ますから頑張ってください。
ふみ |  2009.07.22(Wed) 16:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/504-1e79cf48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。