07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2009.06.20 (Sat)

家政婦争奪戦、のオマケその2。

争奪戦その後のお話2。

ちなみに時間軸としては
争奪戦本編→この話→先ほど更新したアルフリーの話
となっております。

簡単に言えば、争奪戦の次の日です。
アルフリーが倒れていた日ですな。

では続きへ。


【More】







「あー……なんで俺がこう掃除しなきゃならないんだ畜生」
「争奪戦で暴れたから」


ニコ、と笑顔でマルスが言う。

俺とマルスが手に持っているのはホウキ。
現在地、スマブラ邸中庭。


争奪戦の痕を抹消中。(みよの命令で)


「ッつーか、アイクとピットはどこだ! 争奪戦でいいとこ取ったから無しってことはねーよな!!」
「スマブラ邸の廊下掃除らしいよ。最もアイクは自主的、ピットはサマエルの代わりだけど」
「なんだそりゃ……」
「はいチリトリ、とりあえずまとめたごみ片付けるよ」


マルスが俺の手にチリトリを握らせる。
俺は仕方なくまとめたごみをチリトリにはき取り、向こうにおいてあったゴミ袋に入れてくる。
めんどくさい仕事は俺任せ~~~……


「リンク、早く戻ってきてよー!」
「ッるせぇ! すぐにもどるっつーの」


俺はすぐに走ってマルスのところに戻る。


「頼むから、仕事押しつけはやめてくれないか」
「や、だって面倒だし、王子だし
こういうところで身分乱用するんじゃねぇ。あとぜんぜん関係ねぇ」
「いいじゃない、別に」
「よくないんだよ!! ったく……俺も廊下掃除がよかったー」


って言うか、こいつと一緒に同じ場所担当するのが嫌だった。
いろいろとめんどくせぇ……。


「おーい、そっちは進んでるのか?」
「あ、マリオ」


茂みからマリオが顔を覗かせてくる。
そういえば、中庭掃除は俺らだけじゃないんだっけ。


「そっちこそどうなんだよ。そっち花壇も担当してんだろ」
「花壇はピク&オリに任せてきた。俺はあと雑用だよ。
……にしてもみよ、ここまでしてくるとは相当お怒りのようだな」


マリオが言う。

俺たちが争奪戦の後片付けをすることを知ったのは朝ダイニングに言ったら張り紙があったから。
そこに場所と名前がずらりと書いてあった。で、俺とマルス……とその他もろもろはこうやって中庭にいるわけだ。


「まぁ勝手に追い回されたら困るよね」
「お前も追い回してた一人だろ」
「なんかマスターも相当怒られたらしいぞ」
「やっぱしな。アレの主催者マスターだったし……
そういえばあの張り紙に姫たちの名前も書いてなかったか?」
「書いてた。どっか壊したのかな」


後で知ったのだが、姫達は屋上の担当だったらしい。
強いな、みよ……


「そーいや、結局争奪戦の結果はどうなったんだ? 俺知らないんだけど」


マリオがたずねてくる。
そういえば、俺も知らない。終わったとき俺はあろう事か姫たちと遭遇して「みよの居場所を吐きなさーい!」とかいわれて大広間を駆け回ってた。
まぁその状況でも争奪戦終了のホイッスルは聞こえたんだけど……


「……僕偶然そのとき居合わせたから知ってるよ」
「「んじゃ誰!?」」
「優勝はアルフリーみたいだね」


ニコ、と笑顔でマルスが言う。

……アルフリー?


「といっても、偶然倒れたときに着地点がゴールを越してただけみたい。
ほら、アルフリーって女性恐怖症でしょ? それで倒れたみたいだね。
優勝賞品のハグは無しになったみたいだけど、うらやましいな」
「……あぁ、さようですか」
「……俺戻るわ。雑用してくる」


マリオは茂みの中にもぐりかえっていく。俺もほうきを握り掃除を再開した。


「リンクはうらやましくないの? アルフリーのこと」
「……うらやましくないって言ったら嘘になるかもしれない」
「うらやましいんだ。アルフリー、まだ倒れてるかなぁ」
「……気絶なのかよ……」


作者は普通に殴るのに気絶かよ。
っつーか、いったいどういう状況でゴールしたんだアイツ。


「はいはい、おしゃべりはこのくらいにして掃除を再開しようか」
「仕事してる! 誰だよおしゃべりしてたのっ」
「リンク」
「してねぇ!!」




「ふー、花壇掃除完了~」
「あの、オリマーさん。その花壇すっごく生け花っぽく見えるんですけど」






あとがき

掃除する人々。
ピクオリはむしろピクミンががんばってると思うんだ。生け花もピクミンたちのセンスだと思うんだ。
どうやら優勝者の事が知らされたのは人づてのようですね。実際「言うな」とかいわれたはずですがんなもん聞く気のない一部の人たち。
アイクは最初掃除を任されなかったのですが、「自分も戦ったし」とまぁ自分からやったようです。
ピットくんは……大理石に傷をつけた(※争奪戦第一話参照)サマエルの代わり、これまた自主的。単純にサマエルが出てこなかっただけ。サマエルサボりです!((
ちなみにマルスはほとんど見てるだけです。掃除してません。サボりがもう一名います!(もういい
11:50  |  小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/465-a66e6a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。