06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
拍手する

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
拍手する

2009.04.27 (Mon)

プラ日。~いいじゃないか PBRで 使うんだし~

「……とりあえず。
秘伝技を持っていないアイク・ピット・サマエルはお留守番っ……(泣)」

『えぇー!?』(ピット)

『な、泣くほどって! つーか、抜かすんだったらマルスとか抜けばいいんじゃ……
ぐあっは!!

『サマエル~~~? 誰を抜かす、だってぇ~~~?』(マルス)

『……サマエル、ついにマルスを怒らせたな……』(アイク)


続きが本文。最後にコメント返信。
今回新メンバーをお迎えしました。

【More】







そういうわけで。


「のばら、来い!」

『……なんでニックネームがのばらなんだよ』


スボミーの『のばら』をお迎えしましたv
本名フリオニール。


「ホラ、ポケモンのニックネームって5文字までだし。のばらが一番しっくりくるんだよv
それとも何、フリニーのほうがよかった?」

『あ、いやそっちのほうが嫌です。っつかせめてもう一文字付け加えろペンギンか俺は』

「ハハハッ、いいじゃないか。あとこいつもお迎えして来たぞ」


俺はリオルを抱きかかえる。
こいつは通称ライト。本名ウォーリア・オブ……わかる人はわかる! 略!


「ほんとの秘伝要因です」

『は? じゃ俺がいる理由て』

「のばら、レベル上げてポケトピアに乗り込むぞ?」


俺は満面の笑みで言う。
崩れ落ちるのばら。(知りません)


「マルスらはレベル上げがてら三貴神(あさぴんはエムリットたちのことをそう呼んでる)ゲットしに行こうか」

『えー、レベル上がらないじゃない』

「……」


そんなことをしながらも進むわてら。
けど、下見は必要だと思いナギサに戻る。
向かうよチャンピオンロード。

れっつ、波の……
あれ、あそこにいるのはミカンちゃん?


「おーい、I/Oにも手を出したよろずゲーマーあさぴーん!」

「ちょッ、4文節ほど余計だアル!!」


話しかけてきたアルフリーに向かって怒鳴る俺。
アルフリーは、ニコニコと笑顔だ。


「シンオウ地方のジムバッチ全部手に入れたんでしょ。すごいね、悔しいよ」

「笑顔でいうな、怖い!」

「だけど、僕だって負けないよ。だって、僕は最強のトレーナーになる!
今までは親父さんにあこがれての、夢のような目標だったけど……今は違う。
トレーナーとは何か、ポケモンとは何かを僕なりに考えた!
一歩ずつでいいから、僕らは強くなっていくんだ」

「ライト、こいつに岩砕き」

「……はいはい、しゃべりすぎたね」


アルはそういうが反省した表情じゃない。
ぉぃ。


「それに、今はまだあさぴんと勝負しない。悔しいけど、あさぴんの方がちょっとだけ強いのわかるからね。
いい? ほんのちょっとだけだよッ。たぶん僕との違いは1メートルくらい? いや、1センチだな」

「……」

「はいはいマルスの入ったボール持たないで。
えーっと、要するにすぐあさぴんに追いついてやるってこと! 早くポケモンリーグにいかないと、僕が抜かすから!」


アルフリーはそれだけいうと走っていった。
しゃべるだけしゃべりやがって。ライトの岩砕き試そうと思ったのになぁ(ニコニコ)


「……お友達ですか?」


ミカンが話しかけてくる。
俺は、少し戸惑ったがうなずいた。あれは友達なのか?


「お二人のやり取りを見ていたら、なんだかうれしくなっちゃって……
あんなふうに何でも話せて競い合えるお友達がいるって、素敵ですよね」

「うん、それが本当に仲がよかったらね。俺たちの場合タ・ダの腐れ縁だよw」

『……』(ライト、ぽんとのばらの頭に手を置く)

『突っ込めってか?;』(のばら)


横でDDFメンバーが話してるけどスルー。


「……あ、あのぅ、なんだか暖かい気持ちになりました。
お礼、といっては変ですけど……よろしければこれをどうぞ。ささやかなものですが」


ミカンが、秘伝マシンを差し出してくる。
俺はそれを受け取り、リュックにしまう。(はいここツッコミどころ)


「ありがとう。これは……」

「その秘伝マシン、中身は滝登りです。それを使えば、ポケモンリーグに行けるんです。
……あ、あのう、うまく言えないけど、がんばってくださいね」

「うん、がんばる。本当、ありがとうね。あなたもがんばって」


俺はそういうと、その場を立ち去る。

とりあえずマルスに、一時的に塩水を消してこれを覚えさせよう。
ポケモンリーグにさえつけば、後はメタナイトの空を飛ぶで移動できる。
それでノモセに移動すれば、塩水を思い出せるはず。うん、決定!




「とりあえず、DDFの子以外は全員レベル60目標!」

『え、目標高いよ!?』(ピカ)

『最高がWイーブイ族(ピット&サマエル)の57じゃないか!』(ロイ)

『僕、60になったら三貴神冷凍ビームで凍死させる自信あるよー』(マルス)




おまけ。
のばらさんのぼやき。


『えー、のばらはあくまで臨時ニックネーム、本名フリオニールです。
 あさぴんに頼まれてこんな場をもらいました。
 もうこんなのがある時点で苦労人フラグが立ってますね。嫌だなそんなフラグ
 えー、今回メンバーになった俺ですが、ぜんぜんレベルが上がってませんー。ずっと5ですー。
 ほんとにあさぴんは俺らを育てる気があるんでしょうかねー。
 なんか俺ら通称『DDFメンバー』とやらは大体決まってるようです。前回あさぴんが書いててサマエルがロイに燃やさせようとしたノートが、ここにあるんですけどなんかこれによると
     ティーダ→ポワルン   バッツ→ドーブル
     スコール→ブイゼル   ニオ→バルビード
     セシル→チェリム    シャント→フーディン   らしいですよー。
 あさぴんの苦肉の策なんでしょーね。っつかセシルって俺とタイプかぶってるぞ
 たぶんこのさき、ポケモンリーグにも強制的に連れて行かされて戦うチャンスどころか学習装置すら渡されないんでしょーね。
 まぁ、これでも別にいいんですよ……はぁ』



『フリニーだっけ? 初登場にしては最後にしゃべりすぎじゃない?』(マルス)

『いや、フリオニールだろ。っつか俺も本文でしゃべってないぞ』(アイク)

『それに、アイクも僕らもレベル60なんていってないよ~』(ピット)

『おれら抜きで大丈夫……か、俺らの暴君な皇帝サマがいるもんなぁ』(サマエル)

『……(^_^メ)』(マルス)






現在のメンバー  アイク Lv56(もう、技変えちゃおうかな……)
            マルス Lv55(3つのタイプ技操ってー♪)
            ピット Lv59(これをこうすればダブルバトルでこんな戦い方が……)
            サマエル Lv58(うーん、この技を覚えればそれなりに強いか)
            ロイ Lv56(マッハパンチが使えない☆)
            ピカ Lv56(なかなか育たない……)

……と、DDF  ライト Lv1(秘伝要因)
           のばら Lv5(ネタ要因)


なんだかすごいメンバーになりつつあります……
え、もとから?




コメント返信

ペリカンさん
誰にだって黒歴史と言うものはあるんですね……
私の場合、「キャラの原型すらないよ」ってところがイラッとくるんですけどね。
私も自由帳ためてるタンスごと墓に持ってきます。
スマブラオンラインデビューですね!! いつか対戦しましょう♪

ルナ
うぁー、あさぴんは気を抜くと敬語になっちゃうのですーー。迷惑おかけしてスイマセンでした。
けど、とりあえずいつものルナだとはわかってたから。本当にスイマセン!!
本題。ピットが女の子っぽいっていうのはある意味間違ってないかもしれないよ?
セシルマグピー、セシルマグピー……何それ美味しいの?(←興味ないことはとことん知らない
18:52  |  ポケモン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rantoubiyori.blog94.fc2.com/tb.php/402-9cd30e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。